コンピュータ&エデュケーション
Online ISSN : 2188-6962
Print ISSN : 2186-2168
論文
本と人・人と人との絆を結ぶ互恵的な読書環境の創出
水野 邦太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 19 巻 p. 75-84

詳細
抄録

慶応大学と上智大学では,2000年より“Reading for Pleasure”という多読プロジェクトを行ってきた[1]。「教室」と「IRC(Interactive Reading Community)」というホームページを媒介にして「仲間と読み合う互恵的な関係」のなかで「自律的な読み手」を育ててきた。その取り組みを紹介する。本論では,まず,中学・高校・予備校でのリーディングの授業の問題点を指摘する。次にその問題点を踏まえ,大学における多読プロジェクトの存在意義について述べる。そして,その具体的な実践例としてIRCを紹介するとともに,IRCの日本の教育における文化的価値・教育的価値を考察する。

著者関連情報
© 2005 一般社団法人CIEC
前の記事 次の記事
feedback
Top