コンピュータ&エデュケーション
Online ISSN : 2188-6962
Print ISSN : 2186-2168
ISSN-L : 2186-2168
事例研究
学びのユニバーサルデザイン(UDL)に基づいた授業実践
―反転授業の事前学習用コンテンツに着目して―
上村 英男藤井 厚紀
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 45 巻 p. 55-60

詳細
抄録

 本研究では,反転授業における学習者のニーズの多様性に対応するために,UDLの理論に基づき,複数の事前学習用コンテンツを提供する授業デザインを構築した。コンテンツの種類として,パワーポイントによる視聴コンテンツと,授業者が映る実際の授業に近い形の視聴コンテンツを準備し,授業を実践した。学生のコンテンツの選択や嗜好に関する調査の結果から,学生は実際の授業に近いコンテンツを好んで視聴する傾向はあるものの,いずれの種類のコンテンツも一定数の学生が選択したことが認められた。この結果から,学生の視聴コンテンツに対するニーズは一様ではないことが示され,反転授業のコンテンツに対してUDLの枠組みが適用可能であることが考えられた。一方で,当該授業デザインにおいてもなお事前学習用コンテンツを視聴しない学生が存在した。それらの学生の内的状態や授業内活動について更に詳細に検討することが課題となった。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人CIEC
前の記事 次の記事
feedback
Top