昆蟲.ニューシリーズ
Online ISSN : 2432-0269
Print ISSN : 1343-8794
総説
植食性昆虫における適応放散:機能摂食群の進化的転換のパターンとメカニズムに着目して
船本 大智大橋 一晴
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 20 巻 1 号 p. 3-18

詳細
抄録

植食性昆虫は,自由摂食,虫えい食,潜葉,種子捕食といった多様な摂食様式をとる.摂食様式の進化的な転換は,植食性昆虫の適応放散において重要な役割を果たす.我々はこの総説で,植食性昆虫において摂食様式を多様化する要因や,摂食様式の転換パターン,それぞれの摂食様式のコストと利点,摂食様式の転換に関連した形質の変化について議論する.特に虫えい食と潜葉への転換に注目し,それぞれの摂食様式の適応的意義に着目した既存の仮説について議論する.最後に,この研究領域において今後行われるべき研究を提案する.

著者関連情報
© 2017 日本昆虫学会
前の記事 次の記事
feedback
Top