J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

高分子論文集
Vol. 65 (2008) No. 6 P 416-420

記事言語:

http://doi.org/10.1295/koron.65.416

一般論文

ベンゼン架橋アルコキシシランである 1,4-ビストリエトキシシリルベンゼンまたは 1,4-ビスジエトキシ(メチル)シリルベンゼンを窒素気流下で加水分解重縮合することによりポリシロキサンを合成した.これらのポリシロキサンのエタノール溶液を加熱することにより高い可トウ性を有する自己支持膜が得られた.ポリシロキサンの分子量および加熱時間を増加するとシロキサンの架橋度が増加し,より剛直な自己支持膜が得られた.

Copyright © 2008 公益社団法人 高分子学会

記事ツール

この記事を共有