高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
一般論文
ラセミ単位を含むポリ乳酸の立体構造に関する理論的研究
稲井 嘉人小川 治輝
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 67 巻 3 号 p. 214-223

詳細
抄録

ラセミ単位を鎖中央部に含むポリ乳酸(PLA)のコンホメーションを理論的に解析した.このため,25 量体の L-乳酸シーケンス(1)とその中央の 13 番目を D-異性体に置換したシーケンス(1-D)を取り上げた.両方の PLA において,幾つかの初期構造を半経験的分子軌道計算により構造最適化し,収束構造のエネルギー値を DFT 一点計算によって再評価した.1 の八つの周期構造からの最適化において,“g-t”型らせん構造が最安定となった.1-D の場合,対応する構造は概してエネルギー的に不安定化したり,中央部付近でひずみを招いた.1 の最安定な“g-t”型らせんに組み込まれた D-乳酸単位は全体の分子鎖を三角形状に変化させ,1 に比べて鎖末端距離を約 25% だけ縮小させた.結論として,一つのラセミ単位を長いホモキラル PLA 鎖へ導入すると,元の物理化学的特性を変化させるような大きな構造柔軟性が発生することが明らかとなった.

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top