高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
総合論文
ラメラ構造二重膜を有するヒドロゲルの光学的および力学的特性
黒川 孝幸ムハンマド アナムル ハック龔 剣萍
著者情報
ジャーナル 認証あり

2013 年 70 巻 7 号 p. 309-316

詳細
抄録

生体には高度に配向した規則構造を有する組織が多く存在し,その規則構造による力学特性,物質透過性,光学特性などさまざまな機能性を活用している.一方でヒドロゲルはソフト&ウェットな性質から生体組織と非常によく似た性質を示すが,構造が等方的であり,生体組織のような高機能はもちえなかった.筆者らは等方的なヒドロゲル中に配向がマクロスコピックにそろったラメラ相を導入することにより,高度に規則的なゲルを創製することに成功した.このゲルは周期的なラメラ二重膜の存在により,単一で鮮やかな構造色を示す,異方的な水の透過性を示す,高い強靭性を示す,強靭性が自己回復するなどの高い機能性を発現する.これらの特性は生物の皮膚がもつ構造や機能と共通するところが多い.そのため,この一軸配向性ラメラ構造ゲルは角質層のモデル材料として,生体組織のもつ機能性を解明するうえで大きな役割を果たすものと期待している.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top