高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
ISSN-L : 0386-2186
総合論文
広角X線回折および広角中性子回折に基づく高分子結晶構造の精密解析
田代 孝二塙坂 真山元 博子Kaewkan WASANASUKParamita JAYARATRI吉澤 功徳田中 伊知朗新村 信雄日下 勝弘細谷 孝明大原 高志栗原 和男黒木 良太玉田 太郎藤原 悟勝部 勝義森川 佳介古宮 行淳北野 利明二宗 隆尾関 智二
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 71 巻 11 号 p. 508-526

詳細
抄録

高分子結晶構造の詳細を,水素原子位置まで含めて明らかにすることを目的とし,高エネルギーX線および中性子回折データの収集ならびにそれらの解析結果を,さまざまの結晶性高分子を例として総合的に記述した.まず,最近にまで至る高分子構造解析手法の発展について概要を述べるとともに,それらの各段階における問題点について考察した.斜方晶型ポリエチレン,アタクティックポリビニルアルコール,ポリ乳酸およびそのステレオコンプレックスなど,いろいろの意味で重要な高分子について,これまでに提案されてきた構造を再吟味するとともに,新たに提案した構造について記述した.水素原子位置についても精確に決定された場合は,それらの構造情報に基づく極限力学物性の定量的予測を行った.さらにはポリジアセチレンの場合について,X線および中性子構造解析によって得られた精密な電子密度分布および原子位置座標の情報にいわゆるX-N法を適用し,主鎖骨格に沿った結合電子密度分布についての導出についても言及した.構造物性相関解明における高分子結晶構造解析の今後の展開についても言及した.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top