高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
ISSN-L : 0386-2186
総合論文
微生物産性ポリエステルの物性と分子鎖構造および高次構造の相関解明
加部 泰三岩田 忠久
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 71 巻 11 号 p. 527-539

詳細
抄録

再生産可能資源である糖や植物油を原料として微生物により生合成される微生物産生ポリエステルは,環境中の他の微生物の分泌する酵素によって二酸化炭素と水にまで完全に分解される生分解性プラスチックでもあり,原料問題および環境保全問題のいずれにも貢献できる材料として注目されている.しかしながら,これまで微生物産生ポリエステルは硬くてもろい性質や成型加工が難しいという性質からあまり実用化は進んでこなかった.本報では,微生物産生ポリエステルの高性能化を目的としてフィルムを中心に行ってきた新規な延伸法の開発,超高分子量化やポリマーブレンドによる特徴的な材料の開発,作製した高性能材料の物性と分子鎖構造および高次構造の相関,酵素分解性挙動に関する研究成果を紹介する.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top