高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
原著論文
内部に傾斜構造を有する微粒子複合ゲルの刺激応答性形態変化
中島 祐樋渡 堅太Jian HU黒川 孝幸龔 剣萍
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 74 巻 4 号 p. 311-318

詳細
抄録

ポリアクリルアミド(PAAm)ゲル前駆体溶液にアニオン性の微粒子ゲルを分散させ,電気泳動を行ってからPAAmゲルを重合することにより,内部に微粒子ゲルの濃度勾配を有する電解質微粒子ゲル/PAAmゲル複合体(傾斜構造P-DNゲル)を創製した.微粒子ゲルは電気泳動に伴って陰極側に移動し,その偏在度合いは電気泳動時間によってコントロール可能であった.本傾斜構造P-DNゲルは,純水中で大きく湾曲してらせん構造を形成した.これは,ゲルの陽極側(PAAmゲル層)の膨潤度が陰極側(微粒子リッチ層)よりも大きいという膨潤ミスマッチによってひき起こされたものである.また本P-DNゲルをエタノール水溶液,NaCl水溶液に浸漬させ,各層の膨潤度を制御することにより,ゲルの形態をそれぞれ平板状,円筒状へと多様かつ可逆的に変化させることにも成功した.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top