高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
ISSN-L : 0386-2186
総合論文
二層型二核金属錯体触媒によるオレフィン重合・共重合
竹内 大介高野 重永千葉 友莉子岩澤 孝小坂田 耕太郎
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 75 巻 6 号 p. 507-514

詳細
抄録

オレフィン重合反応において,二核金属錯体触媒は,しばしば単核金属錯体触媒とは異なる触媒特性を示すことが知られている.従来報告されている二核金属錯体触媒の多くは,単核錯体の配位子を柔軟なスペーサーで連結した構造を有していた.本研究では,金属間における共同効果の効率よい発現を期待し,二つの金属中心が近接した位置に固定された二層型環状二核錯体の設計を行った.それらがエチレンやα-オレフィンの重合において,単核錯体に比べて高い活性を示すことや,より高分子量のポリマーを与えること,高温においても触媒としての安定性が高いことを見いだした.さらに,種々のコモノマーとの共重合における,コモノマーの導入量や導入される位置,構造が大きく変化するなど,二層型環状二核錯体が単核錯体とは異なるユニークな重合触媒能を示すことを明らかにした.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top