ことば
Online ISSN : 2424-2098
Print ISSN : 0389-4878
個人研究
概念メタファー理論に基づくコロケーションの誤用分析
―「興味」を例として―
李 文鑫
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 38 巻 p. 83-101

詳細
抄録

本稿では、概念メタファー理論に基づき、中国人日本語学習者の作文に現れたコロケーションの誤用を分析し、その原因を検討した。まず、「興味」を例として、日本語と中国語の概念メタファーの異同を探った。その結果、日本語では<興味は液体>という概念メタファーが発見され、それを支えるイメージ・スキーマとして力スキーマ、容器スキーマが挙げられる。それに対して、中国語では<興味は植物>という概念メタファーが発見された。次に、学習者コーパスに現れる個々のコロケーションの誤用の原因を分析し、誤用の原因は日中両言語の概念メタファーのズレであることを明らかにした。

著者関連情報
© 2017 現代日本語研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top