ことば
Online ISSN : 2424-2098
Print ISSN : 0389-4878
個人研究
日本語におけるジェンダー表現の一考察
―「女性」「男性」と形容詞のコロケーションを中心に―
馬 雯雯
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 39 巻 p. 36-51

詳細
抄録

本研究は新聞記事に用いられている「女性」「男性」という語と形容詞のコロケーションから日本語におけるジェンダー表現を考察するものである。分析に際し、「女性」「男性」と共起する形容詞の全体像を把握するために、テキスト型データを統計的に分析するためのソフトウェアKH Coderで共起ネットワーク図を出力し、分析を試みた。そして、「女性」「男性」の直前に位置する形容詞の考察にあたって、「女性」「男性」と共起関係を有し、直接女性や男性の性質や様子を形容する語をピックアップした。そのうち、「若い」と「女性」「男性」の強い共起関係は偶然なものではなく、「若い女性」「若い男性」は二つの定着度の高いカテゴリーとして認識され、用いられていることが確認された。さらに、カテゴリーとしての「若い女性」「若い男性」はそれぞれ異なった動詞、名詞と共起していることを明らかにした。

著者関連情報
© 2018 現代日本語研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top