交通学研究
Online ISSN : 2434-6179
Print ISSN : 0387-3137
都市間鉄道との競争を考慮した国内航空市場の分析
山口 勝弘
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 61 巻 p. 109-116

詳細
抄録

わが国における都市間交通について航空と鉄道の需要に係るロジット・モデルと航空運賃に係るクールノー・モデルを組み合わせて分析したところ、国内航空市場においては、新幹線等の都市間鉄道をバックボーンとして、航空市場内の寡占的競争のみならず、鉄道の利便性についても航空運賃の設定に影響を及ぼしていることを導出した。推定したモデルから航空の自己価格弾力性が算定でき、それによれば鉄道の利便性の高い路線は弾力的であるのに対しそうでない路線は非弾力的であることを確認した。また、羽田空港の着陸料軽減措置及び国内線発着枠配分基準の検討に資するため、路線ごとの効用水準を推計した。

著者関連情報
© 2018 日本交通学会
前の記事 次の記事
feedback
Top