フォーラム現代社会学
Online ISSN : 2423-9518
Print ISSN : 1347-4057
特集I 歴史経験の語られ方、記憶のされ方
ライティング・ヒストリーの展開
―オーラル・ヒストリーの敗北宣言―
金菱 清
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 17 巻 p. 137-148

詳細
抄録

ライティング・ヒストリーは、調査者の介在を必要としながらもその関与を無効にし、当事者のなかで抑圧されていた無意識に対して、当事者が自らの手で意味のある「歴史」として刻むことができる新たな実践です。

現場の当事者は、こんなことを話すべきではない、書くべきではないという形で感情を抑圧している場合があります。いわゆる沈黙状態です。それを二人称で亡き人に対して「手紙」という形で書き記してもらいます。予め書かれたものがあってそれを分析するといった書かれた(written)文章資料主義ではなく、書こうとする(writing)意思に重点を置きます。ライティング・ヒストリーは、自分でわけのわからないぐちゃぐちゃしていた感情を自分のなかで咀嚼しながらなんとかそれを理解可能なものへと導いてくれます。そのことで、これまで歴史のなかで沈黙を強いられてきた問題が何であるのかを明らかにする試みです。

著者関連情報
© 2018 関西社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top