関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
農薬の部
ジャガイモガに対する各種薬剤の殺虫効果
杉山 恵太郎水井 陽介
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 2009 巻 56 号 p. 125-126

詳細
抄録

ジャガイモガ幼虫に対して虫体浸漬法,食餌浸漬法によりバレイショに登録のある薬剤の殺虫効果を検討した。その結果,虫体浸漬法では食餌浸漬法に比べて補正死虫率が低かった。食餌浸漬法では,プロチオホス乳剤,PAP乳剤,チオジカルブ水和剤,メソミル水和剤,アラニカルブ水和剤,シハロトリン乳剤,カルタップ水溶剤に高い殺虫効果が認められた。次いで,アセフェート水和剤,トラロメトリン乳剤が高かった。DDVP乳剤,ピリダリルフロアブルの殺虫効果は低かった。

著者関連情報
© 2009 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top