関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
病害の部
温水散布によるイチゴうどんこ病の防除
山岸 菜穂江口 直樹徳竹 浩文杵淵 真也
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 2009 巻 56 号 p. 39-41

詳細
抄録

温水散布によるイチゴうどんこ病抑制効果を検討した。病斑形成に影響する温水の温度域を検討するため,病斑の生じている葉を温水に約1秒間浸漬した後,恒温庫にて20℃,7日間培養し,病斑の形成を調査した結果,53.6℃以上の温水への浸漬で病斑の形成が抑制された。59.1℃の温水では高温障害と考えられる葉の褐変が認められた。試作した温水処理機を用いて,圃場において温水散布によるイチゴうどんこ病抑制効果を検討した。噴霧口から5cmの散水温度が55.0℃の条件で極少発生から7日間隔3回散布した結果,無処理と比較して病斑形成を抑制する傾向が認められた。一方,中発生条件で,1回散布した結果,散布3日後の病斑形成が処理前の約3割に減少したが,無処理と有意な差は認められなかった。本処理方法による高温障害は認められなかった。

著者関連情報
© 2009 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top