東京医科歯科大学教養部研究紀要
Online ISSN : 2433-359X
Print ISSN : 0386-3492
1970年代における日本の医の倫理論の再考
田中 丹史
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2019 年 2019 巻 49 号 p. 25-35

詳細
抄録

1970年代の日本の医の倫理論を振り返ると、澤瀉久敬は公害問題への対応を説くなど、医師―患者関係に還元されない視点を有していた。武見太郎は福祉国家の到来により、人間のより良き生存が問われることになると述べた。また砂原茂一は医学研究を社会の視点からチェックすることを主張していた。中川米造は、科学であると同時にそれに還元されない医学の特徴を踏まえる必要性を説いた。さらにヴァン・R・ポッターの著作『バイオエシックス』に触れ、人類の生存に関する議論も医の倫理論の中で行っている。以上を踏まえると、1970年代の日本の医の倫理論では1980年代以降の生命倫理が行っていた議論がすでに確認できること、また人間のより良き生存という環境倫理に関するような議論も行われていた点が特徴であると解される。

著者関連情報
© 2019 東京医科歯科大学教養部
前の記事 次の記事
feedback
Top