東京医科歯科大学教養部研究紀要
Online ISSN : 2433-359X
Print ISSN : 0386-3492
弱い減衰項と生成項を持つ放物・放物型走化性方程式系の時間大域解
中口 悦史
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2022 年 2022 巻 52 号 p. 7-24

詳細
抄録

本稿では有界領域におけるロジスティック型増殖項と非線形分泌項をもつ放物・放物型走化性方程式の Lp 空間解の時間大域存在について考える。筆者らの一連の研究により,Lp 空間における半線形放物型発展方程式の理論などを応用することで,増殖項と分泌項の次数の組がある範囲に含まれれば,すべての非負値の Lp 空間解が時間大域的に存在し有界であることが示された。本稿では,ラプラス作用素の Lp 空間における分数べきの定義域に関する議論など,解決の伴となったポイントを中心に紹介する。

著者関連情報
© 2022 東京医科歯科大学教養部
前の記事 次の記事
feedback
Top