日本物流学会誌
Online ISSN : 1884-6866
Print ISSN : 1349-3345
ISSN-L : 1349-3345
百貨店物流のロジスティクスへの戦略的進化
マーチャンダイジングとカスタマーサービスからのアプローチ
原田 保
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 1997 巻 6 号 p. 81-90

詳細
抄録

近年、デジタル化の進展に伴って、流通システムは根本的な転換を要請されている。すなわち、伝統的な流通システムは解体して、カスタマー・サポート・システムともいうべきデマンドサイドを重視したシステムが登場する。
このような状況下で、物流戦略も、コラボレーション思想に基づくネットワーク戦略への転換を強く要請されている。したがって、百貨店の物流戦略においても、経営改革の新機軸として、今後は抜本的な革新に多大な期待が寄せられてくる。
そこで、以上の問題意識から、百貨店における物流革新のアプローチ軸として、マーチャンダイジング戦略とカスタマー・サービス戦略の両軸から、まさにロジスティクス化へ向けた将来展望を行った。

著者関連情報
© 日本物流学会
前の記事 次の記事
feedback
Top