哺乳類科学
報告
個体追跡調査における携帯GPS端末を使った位置情報システムの利用
佐伯 緑斎藤 昌幸園田 陽一
著者情報
ジャーナル フリー

49 巻 (2009) 2 号 p. 277-282

詳細
PDFをダウンロード (599K) 発行機関連絡先
抄録

動物の追跡調査に,携帯GPS端末(例えば68 gのFOMA専用端末)を使った位置情報システムが,既存のテレメトリ手法の代替として使えるか検証した.サービスエリア内では,位置情報が50 m以下の誤差で得られ,中・大型哺乳類の追跡が可能であることが確認された.ただし,本研究で使用した携帯端末では電池寿命が約8日と短かったことから,長寿命の一次電池の搭載が必要だと考えられる.位置情報システムを利用した追跡調査には,インターネットを活用したリアルタイム性およびコストパフォーマンスなどの利点があり,今後の発展が期待される.
インターネットを活用したリアルタイム性およびコストパフォーマンスなどの利点があり,今後の発展が期待される.

著者関連情報
© 2009 日本哺乳類学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top