マーケティングジャーナル
Online ISSN : 2188-1669
Print ISSN : 0389-7265
論文
「ブランド経験」概念の意義と展開
─ 日本的ブランド経験尺度開発に向けて ─
田中 洋三浦 ふみ
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 36 巻 1 号 p. 57-71

詳細
抄録

「顧客経験」という概念がマーケティング実務に導入されるようになり,さらに近年では「ブランド経験」がアカデミアで研究対象として取り上げられるようになった。本論文では,まず顧客経験がどのような概念的拡がりをもっているかを明らかにし,次にブランド経験がどのように研究されてきたかを概括し,マーケティング論における,ブランド経験の意義を明らかにする。さらに,日本市場における有効なブランド経験測定尺度開発のための予備調査の結果を報告する。予備的考察の結果によれば,現在提案されているBrakus尺度にはいくつか不十分な点があり,「消費者アイデンティティ」を新たな次元として含めるべきであることがわかった。最後に今後のブランド経験尺度開発の方向性を示唆する。

著者関連情報
© 2016 日本マーケティング学会
前の記事 次の記事
feedback
Top