マーケティングレビュー
Online ISSN : 2435-0443
査読論文
リードユーザーとしての消費者の特徴に関するサーベイによる実証研究
― リードユーザーネスの先行要因と帰結 ―
本條 晴一郎
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2020 年 1 巻 1 号 p. 31-39

詳細
抄録

先進的なニーズを認識し,ニーズの解決による便益を期待するリードユーザーは,製品の開発や普及,顧客開発など,様々な観点から注目を集めている。一方でリードユーザーについての定量的な研究は,特定の製品領域で行われてきた。本研究では,サーベイの枠組みで定量的な実証研究を行うことで,リードユーザーの一般的な特徴を見出すことを目指した。その結果,リードユーザーネスが製品領域に限定されずに消費者イノベーションの発生に帰結すること,幅広い他者に対して情報を探索するネットワーキング行動が先進性に正の,高便益期待に負の影響を与える先行要因となっていることが示された。製品領域に限定されない結果を得たこと,および,先行要因を行動レベルで捉えたことにより,リードユーザーに対する理解が,注目に見合うものに近づいたといえる。

著者関連情報
© 2020 日本マーケティング学会
前の記事 次の記事
feedback
Top