マツダ技報
Online ISSN : 2186-3490
Print ISSN : 0288-0601
論文・解説
被水シミュレーションを用いた実車被水量の予測技術
丸山 慧土屋 明宏吉田 敏弘山根 貴和上岡 孝志落岩 克哉
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2021 年 38 巻 p. 105-110

詳細
抄録

自動車の防錆品質の適正化のためには,部品ごとの腐食環境を定量化し,それぞれの環境に応じた防錆処理を施す必要がある。しかしながら,車両の構成部品は何万点にも及ぶことから,実車での腐食環境計測には膨大な時間,コストを要する。そこで,防錆開発の効率化のために部品ごとの腐食環境を予測する上で最も重要な因子である走行中の部品ごとの被水量に着目し,被水シミュレーションの開発に取り組んだ。流体解析手法としてMoving Particle Simulation(MPS)法を活用することでタイヤからの水跳ね挙動を再現し,更に車両周りの気流速度データとの連成解析を行うことで,極めて高精度な被水量の予測技術を確立した。

著者関連情報
© 2021 マツダ株式会社
前の記事 次の記事
feedback
Top