医学教育
短報
看護師を対象とした手指の汚染状況を可視化する
―手指衛生教育の実践に関する検討―
山本 容子室田 昌子岩脇 陽子滝下 幸栄柴田 明美原田 清美松岡 知子
著者情報
ジャーナル フリー

46 巻 (2015) 6 号 p. 491-495

詳細
PDFをダウンロード (830K) 発行機関連絡先
抄録

背景 : 手指衛生は医療関連感染防止の最も重要な対策である. 看護師を対象に手指の汚染状況を可視化する手指衛生教育を実践し検討した.
方法 : 看護師29名にATP拭き取り検査及び蛍光塗料とブラックライトを併用した教育を実践し調査した.
結果 : 手指衛生が重要であるとの認識は, 教育後に有意に高くなった. また, 研修目標の到達度では, 約8割の看護師が「自分自身の手洗い方法についての振り返り」, 「手袋を外した後の手指衛生の必要性の理解」, 「自分自身の洗い残し部位の確認」ができたとしていた.
考察 : 本手指衛生教育は, 看護師の手指衛生に対する重要性の認識を高めることが示唆された.

著者関連情報
© 2015 日本医学教育学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top