医学教育
Online ISSN : 2185-0453
Print ISSN : 0386-9644
ISSN-L : 0386-9644
特集 : 医学部においてなぜ教育業績評価が求められるのか?
4. 医学教育業績評価シートを用いた医学部教員・医療者の教育業績に関する調査
川邊 哲也羽野 卓三相馬 仁鈴木 敬一郎赤池 雅史小林 直人大槻 眞嗣鈴木 利哉奈良 信雄
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 47 巻 2 号 p. 77-89

詳細
抄録

背景 : 臨床や研究と比較し, 医学部教員の教育における貢献や業績を適切に評価する尺度がない. 今回, 日本医学教育学会業績評価委員会の医学教育業績評価シートを用いて, 教員の教育業績を調査し, 職位や専門領域による差異を検討した.

方法 : 全国医学部の教員が評価シートの20項目について5段階で自己評価したものを集計, 解析した.

結果と考察 : 教育ユニット以外の部署に所属する教員は講義や実習といった現場教育に比較して, 試験や教育制度の運用管理には, あまり貢献していない傾向が見られた. また, 職位が高いほど, 教育への貢献が大きい傾向が見られた.

結語 : 本評価シートは医学教育業績を評価する標準的尺度として活用できる.

著者関連情報
© 2016 日本医学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top