医学教育
短報
統合型カリキュラムにおける能動的学修 : 解剖学実習を活用した展開
一條 裕之中村 友也竹内 勇一川口 将史
著者情報
ジャーナル フリー

47 巻 (2016) 6 号 p. 343-351

詳細
PDFをダウンロード (1259K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究は肉眼解剖学実習を活用して, 能動的学修 (active learning: AL) を行うことができることを示す. 実習の全ての内容を問題探求の題材としたAL (解剖学セミナー) を実習後に行った. 解剖学セミナーは講義, グループ討議, リソースアワーと発表会から構成されている. 学生の75.1%が解剖学実習を活用したALを「非常に学修を進めやすい」または「学修を進めやすい」と評価し, 実習を活用したALが有用であることを示した. 解剖学実習を活用したALは解剖学教育を補うばかりでなく, 他の基礎医学科目や臓器別の臨床医学教育科目に向けた導入となり, 水平型および垂直型の統合教育の機会を提供する.

著者関連情報
© 2016 日本医学教育学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top