医学教育
掲示板
意見 : 武士道プロフェッショナリズムと本質主義について
飯田 淳子
著者情報
ジャーナル フリー

47 巻 (2016) 6 号 p. 377-380

詳細
PDFをダウンロード (684K) 発行機関連絡先
抄録

 武士道プロフェッショナリズムの主張は本質主義的である. それは「日本人」「日本文化」の多様性や境界領域におかれた人々の存在を軽視している点, 武士道を非歴史化している点, そして西洋の東洋を見る差別的な視線を内包している点で問題がある. 戦略的なものであっても, カテゴリーの本質化は, その内部の多様性や境界領域の存在の排除・抑圧につながる. それを避けるためには, 特定の「道」や著作などに一元的に依拠するのではなく, 現代の多様な文脈に合ったプロフェッショナリズムを考える必要がある.

著者関連情報
© 2016 日本医学教育学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top