医学教育
Online ISSN : 2185-0453
Print ISSN : 0386-9644
ISSN-L : 0386-9644
短 報
卒後追跡調査よりAO入試入学者における対人関係能力とプレゼンテーション能力の持続可能性を探る
大塚 智子武内 世生関 安孝瀬尾 宏美
著者情報
ジャーナル フリー

2024 年 55 巻 2 号 p. 183-188

詳細
抄録

背景 : 高知大学医学部医学科AO入試は知識だけでなく対人関係の能力やプレゼンテーション能力に優れる人物の選抜を目的とする. 入試でグループワークやプレゼンテーション評価を経て入学した学生は, 卒業後に至っても持続的に対人関係の能力やプレゼンテーション能力を維持するか検討した.

方法 : 対人関係の能力やプレゼンテーション能力に関する臨床研修指導医による評価を, AO入試入学者とその他の選抜入学者間で比較した.

結果 : 患者-医師関係, チーム医療, 症例呈示において, AO入試入学者がその他の選抜入学者より有意に優れていた.

考察 : 高知大学医学部医学科AO入試は, 対人関係の能力やプレゼンテーション能力を評価する選抜として有用だと考えられる.

著者関連情報
© 2024 日本医学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top