医学教育
Online ISSN : 2185-0453
Print ISSN : 0386-9644
医学部における入学者選抜方法と入学後の経過について-山口大学における追跡調査から
(3) 留年・退学, 国試合否に対する面接評価の意義
原田 規章中本 稔
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 28 巻 3 号 p. 167-171

詳細
抄録

医学部入学者318名を対象に, 入試における面接評価点と留年・退学, 医師国家試験 (以下, 国試) 合否との関連を検討した.一般入試では面接評価の低い者に留年の発生率が高いことが明らかに認められ, とくに面接評価点が11点以下では12点以上の学生に比べて学生あたりの平均留年年数が3倍以上であった. これは現役入学生に限定しても同様であった. 推薦入試では面接評価と留年・退学, 国試合否との関係は明確でなかった. これには選抜効果を考慮する必要がある. また, 留年経験者は国試不合格率が明らかに高いことが認められた. 今後, 面接方法の改善をはかるとともに一般入試においても面接評価をより積極的に取り上げる必要があると考える.

著者関連情報
© 日本医学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top