医学教育
Online ISSN : 2185-0453
Print ISSN : 0386-9644
ISSN-L : 0386-9644
「生物学」リメディアル教育の効果
後藤 敏一松尾 理伊藤 浩行安富 正幸
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 34 巻 5 号 p. 303-309

詳細
抄録

近畿大学医学部では平成5年度に理科3科目 (生物・物理・化学) のリメディアル教育を導入した. 平成10年度入学生から,「生物学」リメディアル教育の効果と問題点を, 入学時と学年末における生物学総合試験の結果とアンケートによって検討した. 平成11年度から14年度の新入生のうち, 高校「生物」未習者は45.8~61.6%であった.「生物」未習者の生物学総合試験の平均点は, 入学時より23.2~29.0点上昇した. この向上にリメディアル教育が寄与できたことが明らかになった. しかしその反面, 26.4%の学生がリメディアル教育の意義について, どちらでもないと受け止めていることが明らかになった. リメディアル教育の履修を終えた時点でも, なお「生物」未習者と既習者の間には平均点で17点の差があった.

著者関連情報
© 日本医学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top