数学教育学会誌
Online ISSN : 2434-8899
Print ISSN : 1349-7332
ゲーム教材,パズル教材,ドリル教材を用いた九九習熟教材の比較
河崎 雅人藤井 涼太小池 守梅澤 実
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 59 巻 1-2 号 p. 11-18

詳細
抄録

本研究は,かけ算九九の習熟を図るための3つの教材を用いた学習後の習熟状況により, 児童の習熟度に応じた適切な教材を明らかにしようとしたものである.本調査では,ゲーム 教材,ドリル教材,パズル教材を対象とした.乗法の学習終了後に,6回の朝学習の時間を 利用して,学級ごとに,それぞれ一つの教材を用いて学習した.朝学習前,6回の朝学習の 終了直後に調査を実施し,3学級の習熟状況を比較した.その結果,次の示唆を得た. ・ゲーム教材は,学習直後には正しく答えられない九九がわずかな児童には適しているが, 正しく答えられない九九が多い児童には適していない ・ドリル教材は,習熟度の高い子どもには効果が少なく,習熟度の低い児童は逆に習熟度を 低下させる可能性をもつ ・パズル教材は,習熟が不十分な児童には習熟度の向上に有効であるが,記憶を確実にする ことには適していない 以上のように,3つの教材の持つ特性が明らかになり,習熟状況や目的に応じた教材を選 択する上での示唆を得ることができた.

著者関連情報
© 2018 (一社)数学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top