ミルクサイエンス
Online ISSN : 2188-0700
Print ISSN : 1343-0289
ISSN-L : 1343-0289
原著論文
中高年者におけるビフィズス菌配合カルシウム強化ミルクの継続摂取と健康状態に関する横断研究
清水(肖) 金忠南 淳一柳澤 尚武小田巻 俊孝阿部 文明齋藤 さな恵下田 妙子
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 65 巻 1 号 p. 1-9

詳細
抄録

 本調査では,ビフィズス菌配合カルシウム強化ミルクを継続的に摂取している中高年(50代~80代)の男女を主な対象としてアンケート調査を行った結果,摂取群では,便秘傾向者が少ない,日常生活で物忘れが激しいと感じることが減った,大腸ポリープなどの疾病罹患経験が少ない,女性の継続摂取者では骨折経験が低かったなど,様々な保健作用が認められた。非摂取群には,牛乳を摂取している方も含まれていたが,当該飲料の摂取有無による比較において,このような健康状態の違いが観察された要因としては,カルシウムやタンパク質,ビタミンなど牛乳由来の栄養成分の補給とともに,ビフィズス菌配合による腸内環境の改善が寄与している可能性が考えられる。本調査で観察された男女の健康状態や疾病の違いについては検証の余地があり,また疾病の罹患リスクについて因果関係をより明確にするためには,今後,調査対象者の臨床検査や追跡調査などによる検証が必要である。

著者関連情報
© 2016 日本酪農科学会
次の記事
feedback
Top