Medical Imaging Technology
研究論文
Multi-scale eFREBAS変換を利用したMR位相画像の圧縮センシング
渋谷 萌音伊東 賢治伊藤 聡志山田 芳文
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 1 号 p. 26-37

詳細
PDFをダウンロード (4641K) 発行機関連絡先
抄録

圧縮センシングをMRI(magnetic resonance imaging)に応用する場合に,MR画像は一般に位相をもつので画像再生ではプロトン密度分布と位相分布を求める必要がある.本研究では,eFREBAS 変換(enhanced Fresnel band-split transform)が複素変換であり位相画像をスパース化できる点,および画像展開のスケーリング係数を変更することにより観測行列との間のインコヒーレンス性を高く設定できる特徴を利用し,プロトン密度と位相を同時に求める方法について検討を行った.本法は位相をもたないプロトン密度像を求めるアルゴリズムと同形式なので,再構成時間はプロトン密度像を求める場合と同等であり,位相を求めるための追加の処理は必要としない.eFREBAS変換のスケーリング係数を8種類使用した再構成実験の結果,プロトン密度分布と位相分布を高い精度で求めることができた.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top