Medical Imaging Technology
特集 / 実用的なCADシステムのための臨床医からの期待と提言
CADの臨床応用と課題 ―脳機能画像―
石井 一成
著者情報
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 3 号 p. 129-133

詳細
PDFをダウンロード (2426K) 発行機関連絡先
抄録

脳機能画像の分野におけるコンピューター支援診断(CAD)システムは,認知症診断の分野で発展してきた.脳糖代謝画像,血流SPECT画像において,画像統計手法を用いた方法が臨床で普及している.この手法は,解析過程においていくばくかのアーチファクトが生じる可能性があり,その信頼性を視覚判定と常に対比する必要がある.現況では,支援診断ではなく視覚診断の支援をするツールとしての位置づけになっており,将来これらの手法の診断精度を高め,エビデンスを確立することで,自動診断まで進展していくことを期待したい.また糖代謝・血流画像以外のアミノ酸代謝画像,レセプター画像,アミロイド画像,タウ画像などへの応用が望まれる.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top