Medical Mycology Journal
Online ISSN : 2186-165X
Print ISSN : 2185-6486
ISSN-L : 2185-6486
総説
カンジダのストレス応答からみえてきた真菌症治療戦略
平井 一行犬飼 達也中山 浩伸
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 57 巻 4 号 p. J163-J170

詳細
抄録

現在の真菌感染症治療薬には抗真菌スペクトラムや副作用の問題があるため,治療薬選択の余地は狭く,有効な治療法の開発が急務となっている.有効な治療法の開発の1つの手段として,真菌のストレス環境下の応答機序(シグナル伝達や代謝など)の解明がある.本稿では,感染時に起こるさまざまなストレスのうち,鉄欠乏ストレスおよびそれに適応するために起こる代謝の変化に着目し,それらの応答システムの解明について,Candida glabrataを中心としたCandida酵母での研究の現状を紹介し,真菌症の治療戦略の創製の可能性に触れる.

著者関連情報
© 2016 日本医真菌学会
前の記事 次の記事
feedback
Top