Papers in Meteorology and Geophysics
Online ISSN : 1880-6643
Print ISSN : 0031-126X
原著論文
GPS東海地域3時間解析値のグループ化と補正
小林 昭夫山本 剛靖畑中 雄樹丸山 一司竹中 潤緒方 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 53 巻 2 号 p. 75-84

詳細
抄録

 気象庁と国土地理院によりGPS東海地域3時間解析の運用が1998年に開始された。この解析により得られた座標値や斜距離の精度や特徴を把握するために調査を行った。この結果、3時間解析の斜距離のばらつきは1日解析の2~3倍であること、観測点が座標値の偏差の相関が高い6つのグループに分けられ、これらが解析クラスターとアンテナ・架台タイプに対応していることが判明した。このうちアンテナ・架台タイプによるものは、2001年7月の新解析システムの導入によりグループ化が解消した。

著者関連情報
© 2002 気象庁気象研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top