石膏と石灰
Online ISSN : 2185-4351
ISSN-L : 0559-331X
ゾル-ゲル法により合成したNa2xMg1-xTi4 (PO4) 6の焼結と性質
超低熱膨張性セラミックスの製造
岸岡 昭佐藤 克之板谷 清司F. スコット ハウエル木下 眞喜雄
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 1994 巻 251 号 p. 260-265

詳細
抄録

低熱膨張性の複リン酸塩セラミックスを製造するため, MgTi4 (PO4) 6 (MTP) とNaTi2 (PO4) 3 (NTP) の固溶体, Na2xMg1-xTi4 (PO4) 6, の粉体をゾルーゲル法により合成した。固溶体の生成は, 生成物の格子定数をMTPおよびNTPの格子定数と比較することによってたしかめた。X=0.5の粉体を700℃で3h仮焼し, その成形体を1200℃で5h焼成してえた焼結体の相対密度は91%であった。X=0.4-0.6の焼結体の熱膨張係数は, 室温から700℃の範囲で0.21-1.0×10-6-1, また曲げ強度は21-62Mpaであった。

著者関連情報
© 無機マテリアル学会
前の記事 次の記事
feedback
Top