マイコトキシン
Online ISSN : 1881-0128
Print ISSN : 0285-1466
第55回学術講演会要約
食品中のマイコトキシンに関する規格基準について
横田 栄一
著者情報
キーワード: 食品, マイコトキシン, 規制
ジャーナル フリー

2004 年 54 巻 2 号 p. 119-123

詳細
抄録

近年,食品の国際規格策定の場であるFAO/WHO 合同食品規格委員会(コーデックス委員会)において,マイコトキシンに関する議論が活発化しており,コーデックス規格が順次設定されてきている.また,平成13 年2 月にはFAO/WHO 合同食品添加物専門家会議(JECFA)において多種にわたるマイコトキシンのリスク評価が行われており,今後,国際的な基準策定に向けた取り組みが進むものと思われる.この様な状況の中,我が国においても小麦のデオキシニバレノール及びりんごジュース中のパツリンについて規制を行ったところである.今後も健康被害を未然に防止するために,我が国における各種マイコトキシンの実態調査を行い,その結果等を踏まえて規格基準を整備していくことが重要と考えられる.

著者関連情報
© 2004 日本マイコトキシン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top