マイコトキシン
Online ISSN : 1881-0128
Print ISSN : 0285-1466
第71 回日本マイコトキシン学会学術講演会要約
沖縄県で発生している自然毒中毒事例
玉那覇 康二
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 63 巻 1 号 p. 55-65

詳細
抄録

 沖縄県は,日本列島の南に位置しており亜熱帯気候による自然毒食中毒は,気候や自然環境が反映されており,全国と異なっている.
 沖縄県で発生している2001年から2010年までの 10年間の食中毒事例を見ると,自然毒食中毒の年平均は24%であり,更に自然毒食中毒のうち,動物性自然毒食中毒が91%と大半を占めている.
 動物性自然毒のほとんどがサンゴ礁に生息する魚介類によるシガテラ食中毒である.シガテラ以外にも,ウリ科植物によるククルビタシン中毒,熱帯性キノコであるオオシロカラカサタケや麻薬成分を含有する幻覚性キノコによる食中毒も発生しており,これらについても事例を紹介する.

著者関連情報
© 2013 日本マイコトキシン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top