マイコトキシン
第72回学術講演会シンポジウム「Aspergillus nigerおよび黒麹菌の系統解析とマイコトキシン産生」
Aspergillus niger とその近縁種黒麹菌のマイコトキシン産生性及び系統解析
橋本 ルイコ浅野 勝佳渡嘉敷 唯章陰地 義樹廣瀬(安元) 美奈高良 亮豊里 哲也吉野 敦池端 真美劉 瑩久米田 裕子横山 耕治髙橋 治男
著者情報
ジャーナル フリー

63 巻 (2013) 2 号 p. 179-186

詳細
PDFをダウンロード (1134K) 著者にメールを送る 発行機関連絡先
抄録

 最も普遍的に存在するカビのひとつ,A. niger にマイコトキシンの産生性が発見され,食品工業上重要な役割を担う A. niger や沖縄で泡盛の醸造に伝統的に用いられてきた黒麹菌の安全性が問題視されている.
 また,A. niger とその近縁種である黒麹菌は形態的に類別することは困難であることから,ミトコンドリアチトクローム b DNA 遺伝子などを用いて分子遺伝学的に解析し,これらの菌を正確に分類するとともに,マイコトキシン産生性との関係を明らかにすることによって黒麹菌など実用株の安全性についての検証を行った.

著者関連情報
© 2013 日本マイコトキシン学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top