日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
II.診療の進歩
8.小腸腫瘍 2)癌
荒木 昭博
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 100 巻 1 号 p. 108-112

詳細
抄録

ダブルバルーン内視鏡,カプセル内視鏡の登場によりこれまで内視鏡でみることのできなかった小腸も確認できるようになった.小腸癌の診断系のみならず概念自体が大きく変化している.小腸における疾患頻度や診断に至るためのツールの選択が変化しているため,それを理解した上で,何をきっかけにどの疾患を疑いどのような順序で検査を行っていくかが重要である.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top