日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
ゾレドロン酸水和物投与後に発症した急性腎障害後に,ボルテゾミブ,デキサメタゾン併用療法が奏功し維持透析を離脱した多発性骨髄腫患者の1例
小池 清美森重 聡深水 圭田口 顕正薬師寺 和昭岡村 孝奥田 誠也
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 100 巻 1 号 p. 179-181

詳細
抄録

ゾレドロン酸水和物初回投与を契機とした急性腎障害を発症し維持血液透析へ移行していた多発性骨髄腫患者で,腎不全中でも使用可能なボルテゾミブ,デキサメタゾン併用療法が奏功し維持血液透析を離脱しえた症例を経験した.本邦における第1例目の報告である.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top