日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
II.免疫抑制薬・抗リウマチ薬
3.シクロホスファミド
亀田 秀人
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 100 巻 10 号 p. 2918-2923

詳細
抄録

シクロホスファミドは,アルキル基ラジカルを核酸のグアニジン残基に転移することでDNAを架橋する細胞傷害性の免疫抑制薬であり,膠原病領域での主な作用はB細胞の抑制である.血管炎,ループス腎炎,間質性肺炎などの難治性病態の寛解導入に際して,期間限定的に用いられる.非経口・経口を問わずパルス療法が主体になりつつあるが,さらなる副作用対策の充実が,遅延なき投与開始の普及には欠かせない.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top