日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
III.生物学的製剤
2.IL-6阻害薬
中島 亜矢子
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 100 巻 10 号 p. 2972-2978

詳細
抄録

わが国で開発され,世界に先駆けてIL-6阻害薬トシリズマブ(アクテムラ®)が実臨床で関節リウマチに使用されてから3年を経過した.7,900例近くが登録された市販後全例調査が解析中であるが,実臨床においてもトシリズマブの有効性や骨破壊の進行抑制効果を示した結果が集積されつつある.トシリズマブは関節リウマチ以外にCastleman病や若年性特発性関節炎治療にも光明をもたらした.今後は他疾患への有用性の検討や皮下注製剤などの利便性の向上により,膠原病・リウマチ性疾患の難治性病態における治療のあらたな発展が望まれる.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top