日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
長期フェジン投与によるFGF23関連骨軟化症の1例
和田 由美恵木下 祐加田口 学福本 誠二藤田 敏郎
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 100 巻 10 号 p. 3031-3033

詳細
抄録

含糖酸化鉄(フェジン®)の経静脈投与の副作用として,低リン血症性骨軟化症が知られている.症例は65歳男性.胃全摘後の貧血に対し,フェジンを長期間投与されていた.腰痛,関節痛,低リン血症,高ALP血症,血中線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23:FGF23)濃度の上昇から,FGF23関連低リン血症性骨軟化症と診断された.フェジンの中止により血中FGF23濃度は速やかに低下し,血中リン濃度の上昇,腰痛の改善を認めた.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top