日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
今月の症例
慢性腎不全で低カリウム血症をきたし,大腸絨毛腫瘍からのカリウム喪失が疑われた3例
江口 智子岡田 麻衣子津田 安都子松浦 基夫塚口 眞知子大成 功一金万 和志
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 101 巻 1 号 p. 154-156

詳細
抄録

大腸絨毛腫瘍は,大腸腺腫の一型で粘液分泌性の顕著な下痢が特徴的とされており,大量の粘液性下痢によって脱水症状や電解質異常を伴うことが知られている.今回,慢性腎不全にも関わらず大腸絨毛腺腫が関与したと考えられる低カリウム血症3症例(1症例はCr 5.0mg/dl前後の保存期腎不全症例,他の2症例は維持透析症例)を経験したので報告する.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top