日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
今月の症例
セフトリアキソンが原因と考えられた可逆性偽胆石症の1例
花田 徳大今村 綱男小山 里香子小泉 優子田村 哲男伊藤 純子竹内 和男
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 101 巻 10 号 p. 2955-2957

詳細
抄録

症例は15歳,女性.頭蓋咽頭腫術後の髄膜炎,シャント感染に対し,セフトリアキソン4g/日を計28日間投与した.投与中止10日後,食後の右上腹部痛,発熱,肝胆道系酵素上昇を認めた.腹部CT上,胆石・総胆管結石が新出し,セフトリアキソン高用量連続投与が原因の偽胆石症が想定された.絶食のみで経過観察とし,症状,胆道系酵素は改善し,後の画像検査で胆石・総胆管結石も完全に消失した.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top