日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
今月の症例
H.pylori除菌療法中にSIADHを発症した1例
鈴木 聡下山 真森 泰希山崎 哲岩岡 泰志高井 哲成本城 裕美子吉井 重人影山 富士人山田 正美
著者情報
キーワード: SIADH, PPI, H.pylori
ジャーナル フリー

2012 年 101 巻 5 号 p. 1393-1396

詳細
抄録

現在世界中でHelicobacter pylori(以下H.pylori)の除菌が行われており,下痢をはじめとした消化器症状の副作用は比較的多いものの,現在までのところ除菌治療中のSIADH(syndrome of inappropriate antidiuretic hormone secretion)の報告は無い.今回,我々はプロトンポンプ阻害薬(ランソプラゾール)+アモキシシリン+クラリスロマイシン3剤併用療法開始3日後より,ふらつき・下肢の脱力感が出現し,内服薬中止,飲水制限,補液等により速やかに改善したSIADHの一例を経験したので報告する.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top