日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
IV.造血に関する最新の話題
3.自己免疫性骨髄不全症候群―自己抗原の探索
中熊 秀喜
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 101 巻 7 号 p. 2010-2015

詳細
抄録

骨髄不全症候群の中で最も多い後天性特発性造血障害のうち再生不良性貧血,発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH),骨髄異形成症候群,赤芽球癆では免疫性造血障害が想定されている.最近,PNHにおいてNKG2D介在性免疫による造血障害,そして標的分子の候補としてMICA/BやULBPなどのストレス蛋白が提唱された.しかし,同一疾患でも免疫抑制療法の効果の予測指標が一つと限らず,標的分子の多様性が予想される.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top