J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本内科学会雑誌
Vol. 101 (2012) No. 8 p. 2163-2170

記事言語:

http://doi.org/10.2169/naika.101.2163

I.高血圧,心疾患と脳神経疾患

高血圧は脳卒中の最大の危険因子である.血圧値と脳卒中発症率には強い正の相関があり,降圧治療は脳卒中の予防に極めて有効である.再発予防においても降圧治療は有効であり,個々の症例の病態に応じた降圧治療が重要である.心房細動は心原性脳塞栓症の重要な危険因子である.非弁膜症性心房細動は男性に多く加齢とともに増加する.脳梗塞発症予防のために,発症リスクを勘案した抗凝固療法が重要である.

Copyright © 2012 一般社団法人 日本内科学会

記事ツール

この記事を共有